求職者の意思不要の再就職先支援会社のもうひとつの価値


 再就職支援サービス会社という言葉はあまり耳にしたことがありません。今、その言葉を耳にしたとき、要は、人材紹介会社とか転職支援コンサルタントなどとかいう、要するに就職や転職に関するプロのコンサルタントや営業マンが求人を紹介・斡旋してくれる会社のことだろうと勝手に思いながら、転職支援サービス会社についてネットで見つけた記事を参考にしてみましょう。

 

 これによると、要するに「リストラされた人たちの再就職を支援する会社」といっています。ここで先ほど述べた人材紹介会社等とは一線を画しているような気配を感じます。

 

 その理由は特に「リストラされた人」を対象にしている点です。そして再就職先を斡旋しそこで就業を開始したら、その会社から報酬を貰えるというケースが多いようです。つまりその就業先はどこでもいいのです。ただ再就職させればこの会社の業務は一段落するわけです。

 

 ですから求人票を開示し応募の意思を確認したり、求職者の意向を聞いたり適性分析したり、その他さまざまな相談に応じることやアドバイスをしたりといったことは殆ど行われないのです。ここで人材紹介会社等とは違うことが明確になりました。

 

 このように再就職先を支援するに当たり専ら求職者の意向や希望を聞かないという方法は、一概に否定できません。特にリストラされ易い層にある中高年者の意向をいちいち聞いていたら、それに合致する企業はなかなかなく、あったとしても求められるレベルに達しなかったりで、就職支援会社は一銭の利益も出ない…といったことも珍しくなくなります。求職者としても収入がない不安な日々が続きます。このような状況を改善するためには、就職支援会社のようなビジネスも必要なのです。残念ながら今の時代の中高年者は、職業選択の自由さえ、実質的に奪われているといっても過言ではないようですね。

 


再就職支援サイト口コミ人気ランキング