ニートから正社員へ就職する際の注意事項とは?

ニートから正社員へ就職する際の注意事項とは?


 ニートから正社員へ就職する場合、気を付けて貰いたいのが、ニートの期間中から就職活動を行なうまでの、空白期間についての説明です。

 

 例えば、2年間のニート期間を経て就職活動を行った場合、必ず「空白の2年間について」を、企業側から質問されます。その際に、「2年間何もしていませんでした」と答える事は、なるべく避けた方が良いでしょう。例え、本当に2年間何もしていなかったとしても、正直に答えてしまうと、企業側のあなたへの印象が悪くなってしまいます。

 

 ですが、もし就職活動までの空白の期間にそれなりの理由があるのであれば、もちろん正直に面接官にお話する事をお勧めします。あまりに嘘の内容を話してしまう事は、その後の採用にも大きく響いてきます。なるべくなら、ブランクの期間中については、本当の事を話す事がベストと言えるでしょう。

 

 しかし、正直に理由を話せない場合もあると思いますので、なるべく無難な理由を考えておくのがベストです。目標に向かって勉強しながら就職活動をしていたら、時間が過ぎてしまった等の理由が、一番無難で良いかと思われます。

 

 何にせよ、面接で一番注意しなければいけない事は、「面接官の質問に必ず答える事」です。面接官がどんな質問をしてくるのか、予想するのは難しい事ですが、ネットの掲示板等を見たり、自分だったらどんな質問をするか?等のシュミレーションを行うと良いでしょう。

 

 ニートから正社員へ就職するには、就職活動までの空白期間が多ければ多い程、マイナス評価を受けてしまいます。そうならない為にも、ニート中の期間でも、目標を探したり、目標に向かって勉強したりする事が、今後の就職活動にも大きく響いてくる事になるでしょう。