仕事のやりがいと転職

 仕事にやりがいを求めることは間違った行為ではありませんが、現在の仕事にやりがいを感じられない場合、転職したとしてもやりがいが得られるとは限りません。そもそも仕事に感じるやりがいといっても、それがなんなのかは個人によって大きく異なります。より大きなプロジェクトにかかわることで達成感を得る人もいれば、依頼者の顔が見えるような小さな仕事をきめ細かくこなすことでやりがいを感じる人もいます。単純な仕事の規模の大小や動かす金額の大きさだけでやりがいを測ることは不可能です。

 

 自分自身がどんな状態にやりがいを感じるのかを把握していなければ、転職は失敗してしまいます。やりがいは外的充足と内的充足の大きく二つに分類されます。外的充足とは、外部からの反応によって感じる充足です。お客様から感謝を述べられたり、プロジェクトの規模が大きくなるなど外部の反応屋結果がやりがいに大きく影響します。内的充足は、自身の内面から湧き出る充足です。職人のように自分が納得のいく仕事をしたときや、自分の計画がつつがなく達成されたときに感じるやりがいです。どのようなことにやりがいを感じるのかは、職種ではなく仕事のやり方そのものによって決まります。たとえ転職したとしても、やりがいは自分で見つけなければいけません。