その転職、本当に必要ですか?

 転職は新たな人生の扉を開く可能性がありますが、同時にリスクも存在することを忘れてはいけません。転職はメリットも大きいですが、タイミングを誤ると失敗してしまう可能性もあります。今の仕事に不満を感じているならば、転職を考える前に環境を見直すことが先決です。不満を感じる原因を解消することができれば、わざわざ転職する必要はなくなり、リスクを冒す必要もなくなります。不満の原因が仕事内容に関するものであれば、職場の担当変更で問題が解決可能かどうかを考えましょう。転属願いや配置換えを申請すれば、異なる仕事に従事できるかもしれません。

 

 別の企業に転職するよりも配置換えの方がリスクも少ないので、まずは自社内での移動を考えることが大切です。勤務地に関する不満も転職せずに解決できる可能性はあります。転勤願いを提出すれば、勤務先を変更できるかもしれません。系列会社があるならば、子会社へ出向することで勤務地を変更するという方法もあります。諦めずに強く訴えて、希望を通せるか試してみましょう。給与に対する不満も転職理由の上位です。基本給を上げることは難しくても、時間外労働や休日出勤で手当を増やすという方法もあります。不当に支払われていない賃金があるならば、労働基準監督署に改善を訴えることも可能です。