人間関係が理由での転職について

 転職の理由は人それぞれですが、正直に話せる理由と話しにくい理由があります。スキルアップの為といった理由であればアピールもしやすいです。しかし、人間関係が嫌で転職を考えた場合、また人間関係が嫌で辞めてしまうのではと心配され、不採用になってしまうかもしれません。人間関係が嫌だったとしても、面接では面接官を納得させるだけの根拠が必要になります。できれば人間関係が嫌で辞めたという説明はしない方が無難です。ですが、もしも説明するのであれば、感情的な言葉は避けて、具体的な説明を心がけた方がよいでしょう。

 

[おすすめ情報]
法務への転職を成功させるポイント
法務関係への転職
xn--lhrp81d31n2sn.net

 

 例えば、自分ばかりが目を付けられて意地悪をされたという説明は後ろ向きすぎます。実際にそうであったとしても、コミュニケーション能力に問題があったのではと勘繰られてしまうでしょう。それならばいっそ拡大解釈して、仕事の評価に対する指標が定められていないため、成果を上げているのに評価をされない社員がいたというような説明の方がよいでしょう。自分が責められたという話ではなく、成果を給与に反映する仕組みができていなかったと、自分だけでなく制度自体が合っていなかったという話にするのです。前向きな話の方が面接では好印象です。ネガティブな話になる場合は、自分の不利益ばかりを主張しないように気を付けましょう。