既卒から正社員へなるための準備

 既卒者の中には正社員の経験がなく、履歴書や職務経歴書に何と書いたら良いかわからない事が多いと思います。現在、就職の応募方法として書類選考からという場合が多いです。書類選考がなくても、基本の履歴書と職務経歴書は作成しておくことをオススメします。職歴など増えれば書き足せば良いだけですし、作成することにより自己分析にも繋がります。職務経歴書には、自己PRも記入しますが経歴や職歴含め全てが自己PRに繋がることを念頭に置いて進めて下さい。特に「職務内容」欄では、小さい作業から大きい業務など全てを書き出します。

 

《参考》
既卒の就職の体験談やお勧めの資格、求人サイトを紹介している。
既卒 就職
xn--eck7a6c577qpjjj9nc27b.net

 

 本当に些細な事でも仕事として捉え、責任もって遂行したことが伝われば良いです。また、その結果どのような成果をもたらしたかなど記入すれば尚良いです。例えば、レジでお客様からほめてもらえた事がある経験を元に記入する際は「レジ業務において誠心誠意の接客を心掛けていた為、お客様より評価を頂くことができました」など、いかにたくさんアピール出来るかがポイントです。「自己PR」欄では、自分の長所や仕事の取り組みなどにおけるアピールをしましょう。長所などは主観的意見も良いですが、家族や友人などの客観的意見を入れると良いです。職務経歴書が完成した時には自己分析も出来ており、それを元に面接で話せますので必ず重宝します。