理想だけだと失敗する外資系企業への転職

 最近人気が高まっているのが、外資系のIT企業への転職です。日本企業独特の企業風土に不満を感じる人は増えており、外資系企業に転職を希望する人は増加しています。日本に進出を考えている外資系企業から見れば、即戦力となる優秀な人材は積極的に確保したい人材です。両者のマッチングがうまくいき外資への転職は活発になっていますが、必ずしもいい面だけではないということを覚えておかなくてはいけません。外資系企業は給料が高い、というイメージを持つ方も多いですが、外資系といっても日本で経営をする企業である以上、極端に給料が高いということはありません。

 

【お役立ちサイト】
外資のITへ転職してキャリアアップをしよう
外資系のITに転職
xn--it-3s9cp70mh4mq4c.com

 

 ヘッドハンティングの対象になるような一部の優秀な人材を除けば、給与水準は同程度と考えたほうがいいでしょう。給与よりも注目すべきは福利厚生です。外資系企業は社員の福利厚生に力を入れている企業が多く、有給や育児休暇なども充実しています。日本企業のように制度はあるけれど利用しづらい雰囲気があるので活用できない、などという心配もないので子育て中の女性も安心して働けます。労務管理もしっかりと行われているので、過剰な残業を強いられることはありません。むしろ残業を禁じている職場も多いので、就業時間内にしっかりと仕事を終えられるだけの能力が求められます。